県議会活動

    - 県議会 質問・答弁 

      - 本会議 質問 一覧 

      - 委員会 質問 一覧 

      - H28年 予算特別委員会 

      - H28年2月議会(委員会) 

      - H28年2月議会(本会議) 

      - H27年12月議会(委員会) 

      - H27年度 決算特別委員会 

      - H27年9月議会 (本会議) 

      - H27年9月議会(委員会) 

      - H27年6月議会 

      - H27年2月議会(本会議) 

      - H27年2月議会(委員会) 

      - H26年12月議会 

      - H26年度 決算特別委員会 

      - H26年9月議会(本会議) 

      - H26年9月議会(委員会) 

      - H26年6月議会 

      - H26年2月議会(本会議) 

      - H26年2月議会(本会議) 
       雪害対策集中質疑 
 

      - H26年2月議会(委員会) 

      - H25年11月議会 

      - H25年9月議会(本会議) 

      - H25年9月議会(委員会) 

      - H25年6月議会 

      - H25年2月議会(本会議) 

      - H25年2月議会(委員会) 

      - H25年 予算特別委員会 

      - H24年12月議会 

      - H24年度 決算特別委員会 

      - H24年9月議会(本会議) 

      - H24年9月議会(委員会) 

      - H24年8月議会 

      - H24年6月議会 

      - H24年2月議会(委員会) 

      - H24年2月議会(本会議) 

      - H23年11月議会 

      - H23年9月議会 

      - H23年8月議会 

      - H23年6月議会(委員会) 

      - H23年6月議会(本会議) 

      - H23年2月議会 

      - H22年11月議会 

      - H22年度 決算特別委員会 

      - H22年9月議会(委員会) 

      - H22年9月議会(本会議) 

      - H22年6月議会(委員会) 

      - H22年6月議会(本会議) 

      - H22年2月議会(委員会) 

      - H22年2月議会(本会議) 

      - H21年11月議会 

      - H21年6月議会 

      - H21年2月議会 

      - H20年9月議会 

      - H20年2月議会 

      - H19年8月議会 

      - H19年6月議会(委員会) 

      - H19年6月議会(本会議) 

    - 県議会だより 

    - 視察・調査 

      - H26年10月31日 

      - H26年9月2日〜4日 

      - H26年1月15日 

      - H22年1月20日 

    - 要望活動 
 トップページ >> 県議会活動 >> 県議会質問・答弁 - H27年9月議会 

 


 

平成27年9月 土木森林環境委員会 (2015.9.29)
 

<質問項目> 2015.9.29
1.豊かな森林資源の利活用について

1.豊かな森林資源の利活用について (2015.9.29)


 今9月議会には知事からダイナミックやまなし総合計画の素案の概要も示されておりまして、その中で1つお伺いしたいんですけど、主要な柱の中の地域産業元気創造プロジェクトの政策1に、豊かな森林資源の利活用という項目があります。知事はこの資源の利活用については3つのキーワード、「材」「エネルギー」「場」ということでおっしゃっていますけれども、「材」と「エネルギー」については議会の中でも幾つか議論あったかなと思っていますけれども、ちょっと「場」のほうの議論がなかなかされていないんじゃないかと思いますので、その「場」についてお伺いをしたい。簡単に言うと、この「場」としての利活用ってどういうことを考えられているのでしょうか。

 若林森林環境総務課長
 この「材」「エネルギー」「場」の場について、具体的にどのようなことを想定されているのかという御質問でございます。現在検討している対象としましては、森林空間を活用しました交流や機会の創出でありますとか、あるいは地域資源や特用林産物等を生かした地域活性化と新たな事業の創出、それから健全な森づくりや山地保全対策の推進、事前防災・減災対策の強化といった、こういったことを考えております。



 素案の概要の81ページにありますけれども、真ん中に政策の実現に向けた取り組みの方向の中で、下から2つ目の丸に、森の癒し効果を活用した観光やレクリエーション等の場としての利用促進していくための方策を検討というふうにあります。後ろのほうには、個々に事業が書いてありまして、17ページですか、森林の観光・レクリエーション利用の促進ということで、保健休養機能を活用した森林利用の促進とかってあるんですけど、そこまでお答えしていただけなかったんですけれども。今ある保健休養機能を活用した森林利用の促進、私も甲府市内で一番近い武田の杜、健康の森については森林セラピーとして、先日も調査させていただきましたけれども、いろいろなプログラムが実施をされ、多くの方が利用されているということもお伺いをしてきました。今あるものをもっとしっかりと活用できるように考えられているのか、新たなそういう場をどこかつくられようとしているのか、まだ計画もこれから検討されるのだと思いますけれども、ひとつ、その森林の観光・レクリエーション利用の促進の部分について何かお考えがあればお伺いをしたいと思います。

 江里口林務長
 材、エネルギー、場という形の中で、今後、森林・林業を活性化させて地域の振興を図っていきたいということで、場につきましては、先ほど課長からも説明がありましたように、森林レク
リエーションの場で人を呼んで、そこで交流を深める中で地域の人たちの交流を進めて、森林のよさを県民に普及させていくということを含めて、地域をいかに活性化させるかという視点で場を活用したいというふうに考えています。
 活性化させるためには何かというと、そこに住んでいる人たちの、大きくいえば雇用の場であったり、所得の向上につながるようなことをしていきたいと、そういう意味で森林レクリエーションの場を活用できないかなと考えています。
 今後、どういう場所で、具体的にどのような形でというのを今、検討させていただいておりますけれども、とにかく場を活用することによって地域が活性化できる方策を考えていきたいと考えていますので、今後、検討する中で、具体的なものが出せれば、またお話をさせていただきたいと思っております。



 ありがとうございます。観光・レクリエーション利用の促進という、17ページのその上に、企業・団体の森づくりというのも今、進んでいて、いろいろなところで企業の方が山梨の森林に来て、間伐とか植林とかされている様子も聞くのですけれども、今の現状はどうでしょうか。

 平塚みどり自然課長
 ただいまの安本委員の、企業・団体の森づくりの推進についてお答えいたします。やまなし森づくりコミッションというのを緑化推進機構のほうで立ち上げておりまして、そこの構成団体であるいろいろな団体や企業が、例えば県内のスーパーとか、いろいろなところが森づくりの活動ということを社会貢献活動として計画しておりまして、そこに対していろいろな情報提供をして、場所だとか、技術的な支援とかということを県が森づくりコミッションを通じてやっております。



 これも場の活用ということで書かれているのだと思いますけれども、教育委員会の所管になったらすみません、学校林というのがまだ残っているのかどうかお伺いしたいと思います。

 平塚みどり自然課長
 学校林についてですが、現在、学校林は県内にありまして、今、いろいろな教育活動の中で学校林を活用した形での授業というのをやっております。特に最近ですと、相川小学校が、国とか県、中北の林務環境事務所等が支援する中で、毎年、学校林を利用したいろいろな活動をしております。



 学校林の活用ですけど、学校林は戦後、教材とか、木を植えて売って教材費にするとか、それから実際に木で机をつくるとか、そういうことで整備をされていったのだと思いますけれども、今は自然の環境を学ぶ、環境学習の場としても活用されているというふうに聞いています。どうしても森林・林業ということになると、林務サイドで計画づくりとかビジョンをつくられていくと思うのですけれども、私は、学校林というのは、例えば親子で木を植えた、その木をまた大きくなっても見にいくとか、教育としてしっかり使えるところがあると思いますので、場の利用の中に教育委員会とも連携しながら、そういった学校林の活用というような部分も取り込んでいただけたらと思っているところですけれども、いかがでしょうか。

 平塚みどり自然課長
 ただいま委員の御提案がありましたところを先ほど林務長が御説明いたしました場の活用の一つの要素として、今後の具体的な事業については検討させていただきます。

 

トップページプロフィール県議会活動政策実績公明党活動ブログお問合せ・提言

当ページはInternet Explorer 6.0以上を推奨しております。当サイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせなどはこちらからお願いいたします
〒400-0071 山梨県甲府市羽黒町1159-3 TEL/FAX:055-252-0890 Copyright (C) 2010 YASUMOTO YOSHINORI WEB All right reserved. Designed by WSY.