県議会活動

    - 県議会 質問・答弁 

      - 本会議 質問 一覧 

      - 委員会 質問 一覧 

      - H29年 予算特別委員会 

      - H29年2月議会(委員会) 

      - H29年2月議会(本会議) 

      - H28年12月議会(委員会) 

      - H28年 臨時会(委員会) 

      - H28年9月議会(委員会) 

      - H28年9月議会(本会議) 

      - H28年6月議会(委員会) 

      - H28年 予算特別委員会 

      - H28年2月議会(委員会) 

      - H28年2月議会(本会議) 

      - H27年12月議会(委員会) 

      - H27年度 決算特別委員会 

      - H27年9月議会 (本会議) 

      - H27年9月議会(委員会) 

      - H27年6月議会 

      - H27年2月議会(本会議) 

      - H27年2月議会(委員会) 

      - H26年12月議会 

      - H26年度 決算特別委員会 

      - H26年9月議会(本会議) 

      - H26年9月議会(委員会) 

      - H26年6月議会 

      - H26年2月議会(本会議) 

      - H26年2月議会(本会議) 
       雪害対策集中質疑 
 

      - H26年2月議会(委員会) 

      - H25年11月議会 

      - H25年9月議会(本会議) 

      - H25年9月議会(委員会) 

      - H25年6月議会 

      - H25年2月議会(本会議) 

      - H25年2月議会(委員会) 

      - H25年 予算特別委員会 

      - H24年12月議会 

      - H24年度 決算特別委員会 

      - H24年9月議会(本会議) 

      - H24年9月議会(委員会) 

      - H24年8月議会 

      - H24年6月議会 

      - H24年2月議会(委員会) 

      - H24年2月議会(本会議) 

      - H23年11月議会 

      - H23年9月議会 

      - H23年8月議会 

      - H23年6月議会(委員会) 

      - H23年6月議会(本会議) 

      - H23年2月議会 

      - H22年11月議会 

      - H22年度 決算特別委員会 

      - H22年9月議会(委員会) 

      - H22年9月議会(本会議) 

      - H22年6月議会(委員会) 

      - H22年6月議会(本会議) 

      - H22年2月議会(委員会) 

      - H22年2月議会(本会議) 

      - H21年11月議会 

      - H21年6月議会 

      - H21年2月議会 

      - H20年9月議会 

      - H20年2月議会 

      - H19年8月議会 

      - H19年6月議会(委員会) 

      - H19年6月議会(本会議) 

    - 県議会だより 

    - 視察・調査 

      - H26年10月31日 

      - H26年9月2日〜4日 

      - H26年1月15日 

      - H22年1月20日 

    - 要望活動 
 トップページ >> 県議会活動 >> 県議会質問・答弁 - H26年12月議会 

 


 

平成26年12月 総務委員会
 

<質問項目> 2014.12.19
1.国会に憲法改正の早期実現を求める意見書採択を求めることについて
2.人口確保対策について

1.国会に憲法改正の早期実現を求める意見書採択を求めることについて


 会派の公明党の立場から意見を述べさせていただきたいと思います。現憲法が現状に合わない部分は公明党も理解をしておりまして、環境権といったことについて憲法に新たに書き加えるということは必要だと思っています。今、アジアの情勢とかいう話がありましたけれども、今、自公政権でも、国民の理解を得ながらということでたしか合意をしていると思います。そういう意味では、国のほうの仕儀もしっかり見守ってもいいのではないかと、継続をすべきだと思います。

2.人口確保対策について


 本会議の代表質問でありました人口確保対策について、8月に戦略本部を立ち上げてということで知事の答弁がありまして、明年度早期に総合戦略を策定するという話でした。その中で意識希望調査という言葉が出てきたんですけれども、実施されているのか、これから実施されるのかお伺いしたいと思います。

 弦間政策参事
 今後実施していくという予定でございまして、現在はまだ実施はしておりません。



 明年度早期に総合戦略を策定するということですけれども、予算の論議もあるのかもしれないですけれども、いつごろ実施をされようとしているのかお伺いします。

 弦間政策参事
 つくるものには、総合戦略と人口ビジョンがございまして、人口ビジョンを来年度早期、総合戦略については、来年度末までにというふうなことを答弁させてもらっております。いずれにしましても、来年度予算も含めまして、予算がなくてもその事前の準備はできますので、鋭意その準備作業は進めておりますけれども、その大まかな方向性を出す人口ビジョンを来年度早期、5年間の計画を盛り込んだ総合戦略を来年度末までにというふうなことでございます。



 調査の実施時期はいつなんでしょうか。

 弦間政策参事
調査につきましては、先ほど委員もおっしゃいましたように予算もかかるものでございますので、予算が確保されたら実施したいと考えております。



 わかりました。それで、これ大事なことだと思います。私たちもいろいろ考えるところがあって、研修とかも行ったりしながらどうすべきかということを考えていますけれども、県民の皆さんがどのようなことを思っていらっしゃるのかということは、本当に大事な調査だと思います。専門部会もたしか3つつくられていて、それに沿った内容で意識とか希望とかという調査をされると思いますけれども、これは予算とあまり関係ないと思いますけれども、どんなことについて県民に項目として聞かれようとされているのか教えていただきたいと思います。

 弦間政策参事
県民の意向・希望の調査でございますけれども、現在考えておりますのは、少子化対策としての結婚、出産、子育て、例えば何人まで子供を産みたいとか、あるいは仕事を続ける上でどういうふうな支障があるかとか、そういう状況を聞いたり、あるいは社会減関係でありますと、雇用の関係、仕事、職があるのかとか、そういうふうな社会減対策としての雇用関係、あるいは人口移動の関係、少子化対策としての結婚、出産、子育て、その辺のニーズ、希望状況を把握したいと考えております。



 専門部会が3つあって、今、2つのところ、少子化対策と社会増減のところありましたけれども、3つ目は活性化でしたかね。そういった観点では何か県民のほうから知恵をもらうとかそういったような調査項目はあるんでしょうか。

 弦間政策参事
地域活性化等の部会でございますけれども、地域活性化につきましては、人口減少は、今後数十年は続かざるを得ないという中においても、地域の活力を失わないためにどういう施策が考えられるかという観点からの部会でございます。それぞれの地域でのサービスの低下が起こらないようにということとか、施設の状況とか、そういうものについて検討してまいりますので、県民の人口が減った中において、意識、生活の上で、行政サービスの上でどういうところを重視していけばいいのか、その辺の効率性に向けた調査項目を今後検討したいと考えています。



 調査方法というか、県民の方からモニターというか、例えばインターネットで募集するという方法もあると思いますけれども、今どういう方法で調査をされようとしているのか、最後にお伺いします。

 弦間政策参事
これも調査につきましては経費のかかることで、今後予算確保もございますけれども、広く意見を聞かなければならないと思っておりますので、ある程度、人数を絞らずに、数千人規模になるかとは思いますけれども、各年齢層から広く意見を聞いた上で、ニーズ、意向を把握したいと。具体的にどういう手法で何人にどういう階層でということは今後検討ですけれども、できるだけ広く県民の意見を聞きたいと考えております。

 

トップページプロフィール県議会活動政策実績公明党活動ブログお問合せ・提言

当ページはInternet Explorer 6.0以上を推奨しております。当サイトに関するご意見・ご感想・お問い合わせなどはこちらからお願いいたします
〒400-0071 山梨県甲府市羽黒町1159-3 TEL/FAX:055-252-0890 Copyright (C) 2010 YASUMOTO YOSHINORI WEB All right reserved. Designed by WSY.